意外な人のコメント

日本中が驚いて悲しんだフィギュアスケートの浅田真央選手の引退発表。

私自身もファンの一人なので報道を知った朝にはしばらく何も手がつけられない状態でした。

何度も繰り返し流れる映像に自然と涙が溢れてきました。

発表を聞いた日は、子供の小学校の入学式。

「何で今日なの?」

という思いがあり、ゆっくり見たいのと早く準備しないとという複雑な心境でした。

日本だけではなく、世界中のスケート選手からもコメントが次々と出される中、意外なところからも引退を惜しむ声がありました。

それは、大相撲の元雅山関で二子山親方からもツイッターでコメントをしているというニュースも見ました。

それに、巡業中の遠藤関も引退にショックを受けているようでした。

浅田真央選手と遠藤関は同級生。

バンクーバーやソチオリンピックの時にも応援していたようなのです。

同じスポーツ選手とはいえ、全く違う競技。

でも、

「同級生ですごいと思って見ていた」

「ケガとか見せないのがすごかったと思う」

とコメントされています。

遠藤関も膝のケガを持っています。

けれど、決してサポーターやテーピングを巻かない力士です。

弱い所を見せないというのは浅田選手に共通しているところではないでしょうか。

今回の引退報道を受けて思った事、それは浅田選手は同じアスリートの人からも人としても尊敬されているのだなと感じました。

これほど若い選手で各局が緊急特番を組むなどなかったようい思います。

それほど影響力の強い選手だったのだなと改めて感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です